スキーバスと電車の違い

スキーバスは、10代後半の年代から20代前半の年代にかけて利用者が多くなります。

また、大抵はどの旅行会社をみてもスキーバスを設定しているのが普通になります。

一方で、電車も負けてはいません。


スキーツアーはバス電車で二分されている感じになります。

スキーツアー情報サイトを使用する機会が増えています。

では、スキーバスと電車の違いにはどのような物があるでしょうか。

まず、スキーバスは電車よりも価格が安いことです。


スキーバスの価格が安いのは、一度に多くの人をバスに乗せることが可能だからです。

毎日新聞の専門サイトのこちらです。

40人以上の人を乗せることが出来る場合、スキー場と首都圏の往復にかかるガソリン代と、高速道路の料金であるおよそ1万円のお金は40人で割るとかなり安くなることがわかります。

一方、電車の場合は最初から運賃が定められています。


そこに鉄道会社が決めた団体割引を使うことで安くすることが出来ますが、せいぜい元の料金の2割程度しか安くなることはありません。
このように考えると、バスのほうが有利になります。
では、快適性はどうでしょうか。


快適性を比較すると、バスよりも電車の方が上になります。



その理由の一つは室内の狭さです。
例えば、通路は電車の方が10センチ以上広く作られていますので、移動が容易になります。
バスの場合は元々の車の規格が鉄道よりも狭いため、限界があるのです。
また、トイレの有無もあります。
深夜バスの場合はトイレが付いていることがほとんどですが、スキーに行くバスはトイレが付いておらず、サービスエリアまで我慢しなければなりません。



Copyright (C) 2016 スキーバスと電車の違い All Rights Reserved.